Loading

白山ミュージアムポータルサイト

施設概要

 

松任ふるさと館は、明治・大正・昭和期にわたり、金融、米穀、倉庫業等の分野で活躍した吉田茂平氏の私邸で、元々は市内安吉町にあったものを、大正元年に交通の要衝である現在の場所に移築されました。昭和57年10月に、当時の松任市(現白山市)が吉田家よりこの邸地を譲り受けて、憩いの場を備えた文化施設として開館しました。

主屋、門及び両側物置は、平成13年10月に国の登録有形文化財に指定され、周辺文化施設とともに、文化・芸術を基調とした駅前緑地広場の中心施設として、四季折々の景観を楽しむことができます。

松任ふるさと館カレンダー
8Aug. 2018
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
ご利用案内
開館時間

午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

入館料

館内見学  

無料部屋利用
 朝顔の間①② 300円
 菊の間    200円
 福寿草の間  300円
 千代の間   150円
 松の間    200円
 ※半日使用料、要事前予約

 松任ふるさと館使用許可申請書

 ※申請書の提出は、FAXでも可。FAX 076-276-5614

休館日

毎週月曜日(祝休日の場合は次の平日)

年末年始

 

ページTOPへ