Loading

白山ミュージアムポータルサイト

 

施設概要

 呉竹文庫は、展示品の見学や茶会を催す施設です。

 元は大正時代に、実業家によって創設された私立図書館だった建物です。

  創設した熊田氏の趣向が反映された部屋の造りや床の間、蒐集した美術品から、温和で奥ゆかしい人柄や王朝的な雅なもの・脱俗的な精神世界を求める彼の感性や見識まで偲ぶことができます。

 本館は、石川県下最長の手取川河口の左岸に、竹と木々に囲まれて佇んでいます。ここから白山連峰の稜線が眺望でき、上杉織田の合戦跡も遠望できます。

 熊田氏は、大正11年2月に設立した図書館を、昭和3年~4年にかけて別宅として改築、その純和風の建物は、平成2年に見学する施設としてリニューアル、豪壮な書斎、書庫、和室を当時のまま残し、収蔵品を公開し、茶室として利用できます。

呉竹文庫とは(PDF)

ご利用案内

コロナウィルス感染拡大防止のため、下記の期間を臨時休館いたします。

休館期間:8月2日(月)~9月30日(木)

ご不便をおかけし恐縮ですが、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

(令和3年9月10日更新)

開館時間

午前9時から午後5時まで(入館は午後4時30分まで)

入館料

一般   310円

団体   200円

団体とは、代表者又は責任者を有する20人以上の集まりです。
石川ルーツ交流館との共通券として、ご利用できます。
中学生以下    無料

身体障碍者手帳、療養手帳、精神障碍者保健福祉手帳を提示

された場合、本人及び必要な介護者は無料

*障碍者手帳アプリ「ミライロID」のご提示でも減免が、

適用されます。

施設の使用については、受付でお申し込みください。
尚、施設の利用は有料で、別に定めております。

休館日

月曜日(祝日の場合は翌日)

年末年始・館内特別整理期間

 

ページTOPへ