Loading

白山ミュージアムポータルサイト

館内紹介

 

館内マップ

 

 

 

常設表示

 

玄関ホール 美川人の技

 

 美川の伝統工芸は、仏壇と刺繍です。 石川ルーツ交流館では、玄関ロビーの天井に地元小学生が描いた仏壇柱と地元中学生が刺繍教室の皆さんと、平成14年に作成したオブジェが吊り下がり、訪れた人を迎えてくれます。

 仏壇の柱には、毎年秋になると手取川に帰ってくる鮭や蝶々など、学校の個性を出した絵も描かれており、和やかな雰囲気を醸し出しています。

 刺繍作品には、手取川河口の風景や美川の特産品であるフグの糠漬けをあしらったものもあり、見事な出来栄えに訪れた人は感心させられます。

美川仏壇について(PDF)

美川刺繍について(PDF)


映像シアター
 

 玄関ロビーを右に進むと映像シアターがあり、ここでは白山の頂上から河口までの自然や人々のくらしを映像で紹介しています。

 ジオパークに軸足を置いた白山市の素晴らしさを丁寧に映し出しています。

 ここでは、様々な映像作品を紹介することが出来、大人40人が収容できます。


展示室 1 手取川の恩恵と試練
   

  白山開山1300年の歴史は、噴火と洪水の歴史でもありました。

  有史以来、氾濫を繰り返した手取川の治水の歴史や川の構造、昭和 9年の洪水の様子を紹介し、被災者の救助や復興支援事業の模様を紹介しています。

  手取川の水を有効に活かそうと、能登島まで送られ、人々の生活に切っても切り離せないほど暮しに役立っています。

  国土交通省のブースでは、リアルタイムで白山の頂上や手取川中流、美川の河口や海岸風景等の河川情報も提供しています。


展示室 2 手取川の豊かな自然
   手取川に生息する鳥、魚等をジオラマを使って紹介し、毎年秋に遡上する鮭の剥製も展示してあります。

展示室 3 手取川おはなし絵巻

 手取川流域に伝わる民話を、上流から下流までを一堂に紹介し、絵本も備えてあります。

 手取川流域の昔ばなしの特長は、河童や天狗、キツネなどの生物との関わりあった話が多く見受けられます。

 科学の発達した現在では笑い話かもしれませんが、当時の素朴な人々の営みから語り継がれ、母から子へ、子から孫へと言い伝えられてきたものばかりです。

 ジオラマで、手取川での「玉石ひろい」の様子を、懐かしい方言で紹介しています。


展示室 4 北前船のロマン

 藩政期中頃から明治中頃にかけて、日本海側の北海道から九州、さらに瀬戸内から大阪にかけてを駆け回った北前船。

 積み荷を売買し、その土地の特産品を積み込み、船主の荷物にとどまらず、乗組員も自らの荷物を売り買いし、一航海千両といわれた北前船の様子を、本吉湊(美川地域)に的を絞って、所縁の品にこだわり、商いの様子などを展示し紹介してあります。

 展示室中央に北前船の10分の1の模型を配置し、積み込みや船の仕組みをあらゆる角度から細かく見れるように設置してあります。

 美川での積み荷を一覧表にしてあります。

 大きな儲けを生み出す商売なれども、船の構造上、風雨には弱く、遭難の憂き目にあえば、荷物や船の損害ばかりでなく、乗組員の家族の補償など、一気に没落するという弱点もありました。

 これらのことから、板子一枚、下は地獄と言われ、船主はじめ乗組員や家族に至るまで、神仏を崇め、航海の安全を祈願しました。

 展示パネルには、美川の船が遭難した船を曳航する珍しい絵馬の複製品もあります。

北前船について(PDF)


流域市町コーナー
 

 石川ルーツ交流館の設置目的が、手取川流域の交流を促進し、ひいては市町の紹介を行うということから、ここでは流域市町の史料を利用でき、情報収集に役立つようなファイルを整備し、閲覧することができます。

 美川出身の大正時代の作家「島田清次郎」や詩人「村井武生」の主な著作をそろえており、マニアの要望に応えています。

島田清次郎・村井武生概略(PDF)


アトリウム

 さまざまな展示会やイベントなどが行われる多目的スペースです。

 企画展は、秋や春先に行われます。

 催し物では、4月に篠笛コンサート、7月には民謡「山中節を楽しむ会」が催され、秋には「ヨシ笛コンサート」が定期的に行われています。

 また、ここでは利用者の皆様が、自分たちのグループの会議や催し物などにも利用が出来ます。

 事前に係員に利用日程等をご相談ください。


石川のルーツ館
   

 明治5年(1872)に美川で開庁した石川県庁。

 この時に美川が石川郡にあることから、郡名から石川県と命名された史実を紹介しています。

 石川県庁の知事室を再現し、薩摩(鹿児島県)出身で、職務遂行に加賀版武士と軋轢があり、気苦労の多かった初代知事「内田政風」が映像により、当時を振り返ります。

 内田は美川の宿舎で夜なべ仕事をしていて、次のような句を残しています。

 夜もすがら 寄せては返す 波音に 砕けるものは 心なりけり この和歌一つを取ってみても、維新間もなく忙しい中、思うように進捗しなかった情景が浮かんできます。

 県の区域は、たびたび変更され、能登地区も組み込まれたため、美川は県の中央という名目がなくなり、県庁はわずか1年足らずで、金沢に戻っていきます。

 ここの一角には、美川地区に古くから伝わる、お宝の展示も行っています。


おかえり祭りコーナー

 

 北前船による財力が生み出した「美川のおかえり祭り」、ここでは毎年5月に行われる藤塚神社の「おかえり祭り」を紹介しています。

 豪華な13台の台車(だいぐるま)や所縁の品々を、音と映像で情緒豊かに案内します。

 おかえり祭りは、古くは「美川のお旅祭り」とか「美川の春祭り」と言われていましたが、昭和の中頃から「おかえり祭り」という呼び方が、定着してきました。

 台車に先導され神輿が巡行しますが、昭和の初めから神輿の動座には進軍ラッパが合図として使われ始め、今では祭りの特長の筆頭として、報道機関等で紹介されています。

 VTRでは、ラッパのメロディーも紹介しています。

おかえり祭りについて(PDF)


 

名誉町民顕彰室
 

 昭和2年の美川町に生まれ、美川の名誉町民だった奥田敬和氏(政治家)の生涯を、遺品や肉声で紹介します。

 衆議院議員で、郵政大臣、自治大臣、国家公安委員長、運輸大臣、衆議院予算委員会委員長等を歴任し、初めての選挙の時、選挙区の金沢でない美川の駅前で、第一声を放つという愛町心にあるれ、小さな体ながら気は短く、瞬間湯沸かしと異名を取りました。

 若い時は、強い力をそいで弱い方へ回す。ハンディーキャップを埋めるのが政治だ」と信念を持っていました。

 晩年は家族に「財を残さなかった政治家を誇りにしてほしい。葬儀は質素に行い、供物等は辞退し、墓は両親の眠る美川で」と遺言し、眠るように無くなりました。

 今、このような政治家がいるでしょうか。類いまれな政治家だった奥田氏を詳しく紹介しています。


和室
 

 30畳の大広間で、会議等に有料で使用できます。

 民謡や囲碁の教室、将棋や俳句大会等も定期的に行われています。


石川県庁跡
 

 明治5年(1872)に美川で開庁した石川県庁を、昭和37年11月に、県政90周年を記念して建てられた石碑が、石川ルーツ交流館の導入路右側に設置されています。

 揮毫は当時石川県知事だった田谷充実氏(辰口町出身)で、美川町長だった島野繁信氏が設置しました。


 

ページTOPへ