Loading

白山ミュージアムポータルサイト

投句する・俳句大会

千代女の里俳句館では、下記の事業で広く俳句を募集しております。皆様の積極的なご投句をお待ちしております。

俳句ポスト・学校俳句ポスト

 気軽に俳句に親しみ、詠んだ句をその場で誰でも投句できる俳句ポストが、市内約50か所に設置されています。

 投句作品の中から四季ごとに優秀作品を選び、『広報はくさん』及び当ホームページで発表しているほか、毎年3月末に入選句集を発行し、入選したみなさんに贈呈しています。

 この他、白山市内の小・中学校、高校を対象にした、学校俳句ポストを実施しています。こちらも前後期、優秀作品を『広報はくさん』及び当ホームページで発表しているほか、毎年3月末に入選句集を発行し、入選したみなさんに贈呈しています。

 

 投函による投句

 

 俳句ポストに備え付けの「投句用紙」に俳句を記入し、投函してください。設置された俳句ポストに投句する場合は切手は不要です。

 郵便ポストに投函する場合は切手を貼ってください。投句用紙を別途ご入用の方は当館までお問合せください。

 ご投句いただける俳句は、自作未発表のものに限ります。

 

メールによる投句

 

 メールでの投句も受け付けております。郵便番号・住所・氏名(ふりがな)・年齢を記載し、俳句にふりがなをつけて、下記アドレスまでご投句ください。

 

Eメールアドレス chiyojonosato@city.hakusan.ishikawa.jp

 

 

 令和2年度選句結果
令和2年度俳句ポスト特選句(PDF)

俳句ポストR2(秋)

俳句ポストR2(冬)

俳句ポストR3(春)

俳句ポストR3(夏)

令和2年度学校俳句ポスト入選句(PDF)

学校俳句ポストR2(前期)

学校俳句ポストR2(後期)

 

千代女全国俳句大会

 千代女全国俳句大会は大正6(1917)年に開催された「素園忌俳句会」を起源として、令和3年には105回を数えた、全国的に見ても古い歴史を持つ俳句大会です。

 現在は、全国で活躍する著名俳人の方々が選者・講師を務め、投句数は海外からの投句を含め、例年約4,000句のご応募をいただいています

 最高賞である千代女賞をはじめとする兼題・席題の各賞は、毎年10月に開催する大会にて表彰を行うほか、入選句集を発刊しています。大会結果は『広報はくさん』や当ホームページでも公開しています。

 投句は所定の投句用紙に必要事項をご記入の上、投句料を添えて当館までご持参もしくはご郵送ください。

 募集要項・投句用紙をご希望の方は当館までお問合せください。折り返しご郵送いたします。

(募集要項・投句用紙は本ページからも印刷できます。)

 

※令和3年度の兼題募集期間は終了しました。

 たくさんのご応募ありがとうございました。

 

令和3年度大会結果 兼題(PDF)

 

第105回要項・投句用紙(PDF)

 

令和2年度 大会結果(兼題)(PDF)

 

 

 

千代女少年少女全国俳句大会

 全国の小・中学生、高校生を対象とした、少年少女全国俳句大会を開催しています。特別選者は女流俳人の大高翔氏が務め、小学生、中学生、高校生の各部門で決められたテーマで募集します。投句数は例年、全国より約12,000人、約20,000句を数えています。

 優秀作品は、毎年11月に開催する大会にて表彰を行うほか、入選句集を発刊しています。大会結果は『広報はくさん』や当ホームページでも公開しています。

 投句は基本的には学校単位でご応募いただき、投句料は無料です。

(募集要項・投句用紙は本ページからも印刷できます。)

 

令和3年度募集要項・投句用紙(PDF)

募集要項(PDF)

 

学校用応募用紙(Excel)

個人用応募用紙(Word)

令和2年度大会結果(PDF) 少年少女全国俳句大会R2(小中高)

 

ページTOPへ